☆おすすめの取引所4選☆

第1位  Zaif

特徴

①トークンを含めた取り扱い銘柄がかなり多い

 

②二段階認証、コールドストレージ、マルチシグを採用しており、セキュリティが堅い

 

③注目度の高いZaifトークンCOMSA(コムサ)を扱っているのはここだけ!

 

④全ての銘柄に「取引所」を設置しており、わざわざ高い手数料を払う必要がない

 

⑤さらに、手数料が−0.01%取引するごとに利益が発生する!

 

⑥「コイン積立」サービスがあり、毎月決まった金額を安心して投資することができる

 

*詳細に関してはこちらをご覧ください(^_^)

取り扱い銘柄

・Bitcoin(ビットコイン)

・Ethereum(イーサリアム)

・NEM(ネム)

・Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

・COMSA(コムサ)

・MONA(モナコイン)

・ZEN(ゼン)

 

 

・Zaif(Zaifトークン)

・CounterParty(カウンターパーティー)

・BitCrystals(ビットクリスタル)

・Storj(ストレージ)

・FISCO(フィスコ)

・PEPECASH(ぺぺキャッシュ)

・CAICA(カイカ)

・NCXC(ネクスコイン)



第2位 Coincheck

特徴

万が一コインが盗難された場合の盗難補償がある

 

②時価総額の高い、信頼のあるコインばかりを扱っている

 

③ビットコインの取引高がbitFlyerを抜き1位になったこともあり、ユーザーが多い

 

④2段階認証などを採用しており、セキュリティが堅い

 

⑤アプリ、サイト共にUIが見やすく初心者に使いやすい

取り扱い銘柄

・Bitcoin(ビットコイン)

・Ethereum(イーサリアム)

・NEM(ネム)

 

・Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

・Monero(モネロ)

・Factom(ファクトム)

 

・Litecoin(ライトコイン)

・Ethereum Classic(ETHクラシック)

・Augur(オーガー)

・Lisk(リスク)

・Ripple(リップル)

・DASH(ダッシュ)

・Zcash(ゼットキャッシュ)

 

 

 



第3位 Binance

特徴

日本語に完全対応している

 

独自トークンを発行している

 

取り扱い通貨数アジアNO.1!

 

④アプリが使いやすく、初心者にも優しい

 

⑤取引所の注文処理速度めちゃくちゃ速い

 

⑥2段階認証、パズル認証を採用しておりセキュリティが固い

 

手数料が海外の取引所の中でトップクラスに安い一律0.01%)

 

 将来有望で日本で取り扱っていない銘柄を扱っている(これ大事!〕

 

※詳細に関してはこちらをご覧ください。

主要取り扱い銘柄

・Bitcoin(ビットコイン)

・Ethereum(イーサリアム)

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

・Litecoin(ライトコイン)

 ・Zcash(ゼットキャッシュ)

・MONACO(モナコ)

・Triggers(トリガーズ)

・EOS(イオス) 

・Lisk(リスク)

・Ripple(リップル)

・DASH(ダッシュ)

・Ethereum Classic(ETHクラシック)

・TRON(トロン)

・Verge(ヴァージ)

・OmiseGo(オミセゴー)

・IOTA(アイオータ) 


*注意点*

Binanceは、海外の取引所のため日本の銀行からの入金や、日本のクレジットカードでのコインの購入ができません

 

Binanceでコインで購入するには

日本の取引所に登録

②取引所で購入したBTC(ビットコイン)などのコインをBinanceに送金

する必要があります。

 

したがって、Binanceの登録をする前に(後でもいいですが)、日本の取引所に登録していない方はまずそちらから登録してください。


第4位 bitFlyer

特徴

①2段階認証を採用しており、セキュリティが固い

 

②仮想通貨の「取引量」と「ユーザー数」がトップクラスの多さ

 

取引を始めるまでがダントツに早い

 

④大企業(三菱東京UFJ銀行みずほ銀行三井住友銀行リクルートなど)が出資しており資本が豊富

 

⑤「ビットコインをもらう」サービスや仮想通貨に関する独自のニュースサイト「BTC NEWS」を運営している

 

⑥ハッキングなどで不正にログインされ仮想通貨が紛失した際に、それを補償してくれる「不正ログイン補償」サービスがある

取り扱い銘柄

・Bitcoin(ビットコイン)

・Ethereum(イーサリアム)

・NEM(ネム)

・Bitcoin Cash(BTCキャッシュ)

・Litecoin(ライトコイン)

・Ethereum Classic(ETHクラシック)

・MONA(モナコイン)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


「将来性」と「安全性」が大事

さて、あなたは今から仮想通貨の投資、取引を始めたいと思っています。

 

でも、取引所は世界中に数100、数1000とあり、日本だけでも14の取引所があるわけです。

 

では、一体なにを重要視して取引所を選べば良いのでしょうか?僕が思う答えは2つあります。それは、「将来性」と「安全性」です。

 

1つ目の「将来性」は、ざっくり言うと「どのくらい稼げるコインを取り扱っているか」です。いくら仮想通貨が急速に拡大しているとはいえ、あなたの登録した取引所がビジョンや将来性のないコインばかり扱っていたら、いくら投資しても稼ぐことはできません。むしろ、多額の資産を失うことに繋がってしまうかもしれません。だから、優良な長期的に保有できるコインを扱っているところ、つまり、「センスがいい取引所に登録すべき なのです。

 

2つ目は「安全性」です。仮想通貨は、実際の通貨と違って形がない電子上の通貨です。だから、万が一取引所やあなたのアカウントがハッキングされてコインが盗まれた場合、それが戻ってくる可能性はほとんどゼロです。実際、海外の取引所では大量の通貨が盗まれ、それがきっかけとなり相場が暴落したこともあります。だから、「安全性が高く、安心して使える取引所」は大事なのです。

 

そこで僕は「将来性」があるコインを多数扱っていて、なおかつ「安全」で安心して使うことができるの取引所のみを紹介しています

取引所は複数登録するべし

仮想通貨の投資を始めるうえで、「複数の登録所に登録したほうが良い」ことは確かです。

 

なぜなら、仮想通貨の取引所は、取引所によって扱う通貨がちがうからです。

 

例えば、Zaifトークン」はZaifが発行しているトークンなのでもちろんZaifしか扱っていませんし、最近注目されている「COMSA」もZaifのみの取り扱いです

 

このように、「その取引所でしか買えないコイン」がそれぞれの取引所にあるのです。つまり限定販売」の銘柄があるということです。CoincheckでもbitFlyerでもそういう通貨があります。

 

実際、仮想通貨で利益を出している人の大半は、ここで紹介している取引所に全て登録しているはずです。ここで紹介している取引所は、それくらい有名で安定した取引所です。

 

ここで紹介している取引所は全て信頼できる日本の大手取引所なので、これから仮想通貨に投資を考えている方は「とりあえず4つ全部登録してみる」ことをおすすめします。

登録はなるべく早くしておいた方がいい

取引所は、実際に取引を始めるまでに時間がかかります

 

これは、マネーロンダリングなどを防止するために、あなたの身分確認を行わなければならないからです。

 

通常、あなたの住所に本人確認のためのハガキが到着するまでに1〜2週間かかると言われています。

 

仮想通貨は非常に値段の上下動が大きいので、遅れてしまうと値段が上がってしまって自分の買いたい価格で買えないことがあります。そうならないように、なるべく早く取引所の登録を済ませておくことをオススメします。